asanonoのブログ

昭和生まれのおじさんの雑記です

自転車の空気入れを購入した話

 購入したものはこちら。

 私の乗っている自転車は米式なので、デフォルトのバルブを一度外して付け直す必要がありました。これがけっこう硬くて外すのに一苦労。

使った感じはとにかく小さくて軽いです。

軽すぎて頼りない感じはあるけれど、付属のレバーでしっかりバルブを固定出来てスコスコ空気を入れることができたので、携帯用として十分に実用できると思います。

自転車のブレーキシューを交換した話

先日のチェーンクリーニングにつづき、ブレーキシューというブレーキのパーツを交換しました。

正直、自転車には詳しくはなく、機械オンチなので、買ったパーツが合わなかったらどうしようなど最初は不安でした。

ですが、実際は六角レンチだけあれば簡単に交換できたのでよかったです。10分程度で交換完了しました。

 購入したのはこちら。

シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 [Y8BM9803A]

シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 [Y8BM9803A]

  • 発売日: 2011/12/08
  • メディア: スポーツ用品
 

 もともとついていたブレーキというのがこちら。メーカー名がよく分かりませんでした、ノーブランドガール。

f:id:asanono:20200817184609j:plain

六角レンチをはめ込んで取り外したものがこちら。正直、素人にはこれがどれだけすり減っているのかさっぱり分かりません。

f:id:asanono:20200830150408j:plain

交換時の感想

パーツが細かく、はめ込む順序を間違えないようにするのに気を使いました。気を抜くとすぐバラバラに散らばってしまいます。

基本的には、ねじを緩めて ⇒ ブレーキシューを抜いて ⇒ はめて ⇒ ねじを締めるだけ。自分にもできました。

あと注意したのはブレーキシューの位置。フレームの金の部分にしっかりあたるようにセットしないと、タイヤを回したときに変な音がなったりします。

交換後の感想

とりあえず試走してみたところ。以前は80%~100%握りこんで「ギギィーーーー!!」と泣きわめいていたブレーキが、20%ぐらいの握りこみで動作するようになり、ほぼ無音

感動した!!

自転車は消耗品なのだなあと、しみじみ感じました。

今回はリアだけ交換したので、今度はフロントも交換したいなと思います。

自転車のチェーン清掃と給油をした話

初めてチェーン清掃と注油しました

サビ落としは昔乗っていたママチャリにしたことはありましたが、今乗っているクロスバイクにちゃんとメンテっぽいことしたのは初でした。

参考にしたサイトはこちら。

otr.jp

結構汚れがとれました

使用したのはこちら。た、高かったです。。。

スーパーでもらった無料の住宅情報誌をビリビリに破いて家のキッチンに敷き詰め、自転車を持ち込み、Amazon music で90年代の懐メロを聞きながらタラタラと30分くらい掃除しました。

フォーミングマルチクリーナー、先のサイトだと泡がブクブクした感じの写真でしたが、実際はけっこう水っぽくて「ボタボタボター!」って、汚れた水が勢いよく垂れました。室内で使う場合は、床に紙を多めに敷くなど注意が必要だなー、と思いました。

あとシンナー臭かったので、マスクするか換気はした方がいいかなーと。

清掃後に気づいたのですが、かなり錆びついていたチェーンの錆が40~50%くらい落ちてくれたことがうれしかったです。うーん、すごい。

清掃後に給油

給油にはこちらを使いました。

た、高い。。。

 めっちゃ普通にスプレーで、呉556みたいな感じ?

これを吹きかけた時にも、なんか汚れが「ブシュッ!」と飛び出てきたので、チェーンクリーナーでの清掃で、ちゃんと汚れ落とせてなかったんだなーと思いました。

2~3年一度も掃除していなかったもんなー。

清掃後の感想

今までは、チェーンが錆ていたせいか、漕ぎ始めに「ガッチャン!」と大きな音が鳴ったり。坂とか漕いでいると「ギィーコ、ギィーコ・・・」とチェーンが唸るような悲鳴をあげたりしていたのですが、それがなくなりました!

「感動した!」

掃除で使う用のウェスを含めて6,000円くらいしたので高いなーと思いましたが、まだまだ中身が残っているので、次もまた使用できるし、結果的に買ってよかったんじゃないかなと思いました。

メンテナンス、大事ですね。

【iPhone 】Google Mapsの言語を日本語に戻す

いつの間にかアプリの表示が外国語に変わっていました

iPhoneに入れているGoogle Mapsアプリですが、いつの間にかメニュー文字などが見知らぬ言語に変わっていました。

f:id:asanono:20200804053047p:image

日本語に戻す方法が分からず苦労したのでメモしておきます。

アプリの設定ではなくiOSの設定を変更する必要あり

  1. iOSのメニューから設定を選択
  2. 下のほうにスライドしていくと、Google  Mapsと書かれたアイコンが見つかるので選択
  3. 1番下の優先される言語から、日本語を選択

 

以上です。

アプリ側にも設定メニューがありますが、言語の切り替え方法が見当たらず苦労しました(^^;

iOS側の設定で切り替えるんですね。

 

なお、勝手に変更されていた見知らぬ言語はノルウェー語でした。

カレイドスター 1〜26話感想【ネタバレ】

おもしろかったー、たー、たー

YouTubeで期間限定無料だったので視聴しました。

昔見ていたはずなのですが内容全く覚えておらず、新鮮な気持ちで見れました。

アニメをずっと見ていると疲れるのですが、我ながら短い期間でよく見れたなと思います。

 

全51話で、1〜26話がシーズン1扱いで一区切りになっています。主人公がカレイドステージに入団して、ステージの精フールに見込まれ「幻の大技」を披露するまでのお話でした。

 

2003年放送開始とのことなので17年前のアニメ。私19歳くらいですかね。なにやってたんだろう?専門学校行きながら、川西さんと一緒に見てたりしてたのかな?

 

感情を揺さぶられるのがしんどい

基本1話完結なので、パッと見れる感じです。1話完結大好き。

ただお話の展開が基本、

  1. 前半パートで問題発生→ちょっと心にチクチク嫌な気持ちになる
  2. 後半パートで問題解決→感涙イイハナシ!

上司が無茶な指示出してきたり、ちゃんとやってるのに期待外れだと見放されたり。

で、女子が挫けそうになったり、負けまいと頑張ったりするシーンは、元気ない時に見ると辛いだろうなーと思いました。

あと、ストーリーの大筋が「幻の大技」で、メインのストーリーはあるし、きっちり消化しているのだけれど、それに関する話は後半まで一切ないし、続きが気になるような伏線というか細かな謎みたいなのも大してないので、ずっとこのノリだったら飽きて見るのやめてただろうな、と思います。

レイラさんとユーリさんについて

ユーリさんの役回りはビックリしたというか。

1話完結のパターンでそろそろ飽きてきたなという、絶妙なタイミングで動いて、最終的に和解して。なんだかんだオイシイ役じゃねーかと思いました。あと、なんでこの人いつも半裸なんwオイシイwww

レイラさんも仮面スター登場から26話までで一気にキャラが立ったというか。仮面スター登場から面白くなって一気に見た感あります。素晴らしい。

最後

シーズン1、シーズン2みたくWikipediaには書かれていて、この度シーズン1まで見た訳ですが。

これ、全く終わってなくないですか…?

 

キリが良いところまで見て、あわよくば途中で見るのやめようと思っていたのですが、ここで終わるのはあまりにも、って感じでした。

 

長いお話が目標達成して即終了、っていうのあまり好きでなくて(GA○TZとか)、せめて多少なりともの後日談とか主人公はどう変わったのかみたいなのを見たいので、頑張って51話まで見れたらなーと思いました。

毎日何を食べればいいのかがわからない

ちゃんと栄養のあるものを食べなさい

などと。

私はもういい歳した大人なので、食事バランスについてあれこれ言われることはほぼなく、食事に気を付けることが全くといってありません。

李さんが家にいるときは気を使って野菜を使った料理を作ったりしますし、李さんが作るときも何らかの野菜を用意してくれます。

ただし、いないときはそうめんだけとか、半額の300円くらいのお弁当(からあげとご飯のみみたいな)とか、ひどいときはお酒とお菓子だけみたいな食事をしています。

そもそも食事バランスについてちゃんと考えたことがなく、お米だけ食べていれば大丈夫だろうみたいな考えが染みついています。

農林水産省にある食事バランスガイド

「食事バランスガイド」について:農林水産省

まあ、見たことはあるんですよ。こういうの。

私が子供のころみたのは、円グラフ上に赤と緑と黄の3色で分類されているやつだった気がします。赤の枠にある肉や魚は、血や肉を作るみたいな、なんかそういうやつ。

今見ると、ふーん。というか。

ご飯お茶碗一杯が1.5、うどんなら2で1日5~7とればいいんだな、とか見りゃわかるんですが、やれと言われるとなんか面倒くさくて行動にしづらいというか。。。

まあ、やらないですよね。

健康本などもよんだ

逆に、これは食べていい。これは食べると健康に悪いみたいなのがシンプルにまとめられていた本などを過去読んだことがあります。

こちらによると、赤身の肉はダメ。白い炭水化物はダメ。バターなどの飽和脂肪酸はダメ。と、読み始めてからもののの数ページで結論を教えてくれています。

ものぐさの私にはとても助かります。

一応ちゃんと全ページ読みましたし「なるほどなー」みたいな感想は持ちましたが、結果何も実践しませんでした。白い炭水化物ばかり食べています。

白いご飯美味しいし、安いし、炊飯器便利だし。一度染みついた食生活というものはなかなか変えられないよなー、と思いました。

結局何がいいたいかというと

「毎日なにを食べればいいのかがわからない」という愚痴なんですが。

でも、安くて楽にご飯食べれていて現状に不満がないのであれば、もうそれは自分の選択として認めてしまってもいいのではないかとも思います。後々健康を損なうことになったとしても。

とはいえ

過去、身体の調子があまりよくなかった時期があり、おちんちんが勃たなくなったことがあったのですが、食事と運動ですぐに改善した。ということを経験しており。

なんかマルチビタミンみたいなサプリを買って飲んでた時期、オナニーしたら「あ、なんかいつもより出てる気がする!」みたいに驚いた記憶があります。

というように、毎日の食事で今の自分が作られていると考えると、やっぱりどこかで食生活を見直す必要があるのかなーとも思いました。

おちんちんに相談だ。

最後に一応

食事バランスガイドでいうと「副菜」がどうしても足りない気がするので、副菜のレパートリー増やしたり、高いけれどお惣菜とか買う習慣とかも作った方がいいのかなーと思いました。

また、屁が臭いときに乳酸菌とったりしますし、口内炎出来た時にチョコラBB買ったりもするので、そういうことも考えると、事前に乳酸菌を含むヨーグルトとか納豆を買ったり、ビタミンB2、B6を含むレバーとかバナナとか買ったりして週1くらいで食べるように気を付けるとかもできるかな、とも思いました。

あー、身体に必要な栄養が数値化できれば楽でいいのになー。

夢をかなえるゾウ4を読みました

面白かったです

自己啓発本好きで、シリーズの前作も好きだったので購入しました。

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神

 

妻子持ちの会社員が主人公で、余命宣告をされた後にやるべきことをやるってお話です。

 

人の死を扱ってるのに面白いっていうのもちょっとおかしいですが、そこまで重すぎずラノベっぽい感じで2〜3時間で読めるので、普段読書しない自分でもサクサク読めました。

 

巻末付録としてガネーシャの教え、死神の教えなどまとまっているのも、とてもよかったです。

 

読むタイミングとかよかった気がする

私もいま36歳で、そろそろ死について意識するようになってきたというか。

40代、50代と歳を重ねるにつれて健康のリスクは高まると思いますし「身体に無理がきく今のうちしか出来ないことやったほうがいいよなー、でも面倒くさくて何もできないなー」みたいに毎日思って過ごしています。

そんな感じなので、死とか夢とかの整理についてメチャクチャ興味があり、読んでよかったなーと思いました。

本の主人公も多分私と同世代くらいですし、このシリーズはどの層にむけて書いているのかが、すごい分かりやすくてよいです。

 

死ぬ前にやりたいことリストとか

私も25歳くらいから漠然としたtodoリストみたいなのを毎年更新しており、まあそれなりにやってきているとは思います。

この本の巻末読めば、今年何がんばろう、今月何をやってみようの参考になる指針みたいなのがきっちり整理されているので、私も無理ない程度に参考にしたいです。

 

とりあえず最近

天気も悪く、せっかく先月再開した自転車も2週間くらい乗っていないです…。

体重はまだリバウンドしていないはずなので、再開出来るときに再開しないとなと思いました。

健康第一です。ああ、でもダルくて面倒くさくて何もできない…。

 

f:id:asanono:20200716083309p:image